あなたが選ぶANK治療 がんと免疫 リンパ球細胞とNK細胞 ANK治療の種類と比較 自己リンパ球療法
HOME > あなたが選ぶANK治療 > ANK治療の種類と比較 > ANK治療の弱点と誤解

ANK治療の弱点と誤解

 痛みや、副作用も少ない「ANK治療」ですが、古くから研究されていたにも関わらず、進行の進んだがんに対し「最終手段」として単独で扱われるなど、この療法の持つ特徴を活かした使われ方をされることがありませんでした。

 しかし、近年の研究で、三大療法との併用など、様々な角度からの研究が進み、有効な治療法が見出されるようになりました。

このページの先頭に戻る

ANK治療の種類と比較

TEL:0120-104-793