内視鏡健診・大腸内視鏡検査のご案内

10年前から胃がんの発生率を追い越した大腸がん。

大腸がんには転移するまで腹痛などの自覚症状が無いという特徴があります。
ですから、自覚症状により大腸がんが発見されたとしても、その大多数は手術後も転移し、結果として莫大な治療費用がかかり、最終的に生存率も低くなってしまうのです。

内視鏡検査は、唯一の大腸がんの予防・早期発見措置であることがあきらかになっています。新日本橋石井クリニックは日本最先端の快適な内視鏡健診技術で、大腸がんの早期発見に貢献します。

内視鏡とは?内視鏡検査の役割

内視鏡(ないしきょう)は、先端に小型カメラ (CCD)やレンズを内蔵した太さ1cm程の細長い管を口あるいは肛門より挿入し、主に人体内部を観察することを目的とした医療機器です。また、観察以外にも、ある程度の手術や治療や標本採取ができる性能をもつものもあります。内視鏡検査は、食道、胃、十二指腸や大腸の内部を観察し、がんの早期発見や治療に役立っています。

ANK免疫細胞療法

お問い合わせ ご相談 無痛内視鏡健診について

新日本橋石井クリニックの内視鏡健診の特徴

当クリニックの内視鏡は、熟練した技術により、「いつの間にか終わっていた」と大多数の患者さんが言うほど快適な検査です。また、内視鏡検査は診断と治療を1回ですませるので多忙な現代人にはこの上なく便利です。

検査時間は20分位でポリープ切除後も入院不要、翌日から通常勤務可能です。また、検査後すぐに電子内視鏡画像による結果説明をいたしますので、不安を翌日に持ち越すこともありません。

  • 内視鏡室
  • 検査
  • NBI光源

内視鏡の意義

大腸内視鏡を快適に行なうには、専門医の熟練した内視鏡技術が必要です。

使用する薬剤は3種類

  • ブスコパン 腸管の動きを止める鎮痙剤
  • オピスタン 鎮痛剤
  • ドルミカム 鎮静剤

薬剤の鎮痛効果により、曲がっている腸管を内視鏡が通過する際の痛みをかなり軽減することができます。合わせて、医師の熟練した技術が非常に重要になります。曲がりくねった腸内に硬いスコープを押し込む、というより、腸内をたぐりよせる技術により腸管を短縮して深部に挿入するので、痛みの発生がきわめて少ないのです。

また、内視鏡の事故で最も多いのが、大腸内視鏡の腸管穿孔です。腸管穿孔は経験の不足している医師の引き起こす、純粋に技術的な事故です。このような事故を未然に防ぐためにも、経験豊富な専門医の検診を受けたいものです。

お問い合わせ ご相談 無痛内視鏡健診について

ページ先頭に戻る

TEL:0120-104-793