ANK治療

ANK治療とは、人間がうまれつき持っている免疫力(がん細胞を攻撃する機能)を強化するという、他の療法とは観点の異なる治療法です。

正常な細胞を傷つけることなく癌細胞だけを攻撃するため副作用が少なく、肉体的にも精神的にも負担が軽減されるというメリットがあります。

獲得免疫と自然免疫

私たちのからだには「はしか」のように一度かかったら、その病気にかかりにくくなる仕組みがあります。この仕組みを「獲得免疫」といいます。獲得免疫の主な働きは、体外から侵入してくる異物(ウイルスや細菌など)を排除すること等です。一方、がん細胞は外からきたのではなく自分自身の細胞です。がん細胞に対して獲得免疫はあまり反応しません。がん細胞の場合は生まれながらに備わっている「自然免疫」というものが中心になって対応します。

ANK治療とは?

私たちのからだに生まれつき備わる自然免疫の仕組みを強化してがんという病気を治療します。ANK治療は、数ある免疫細胞の中でも、生まれながらにがん細胞を傷害する能力をもつNK細胞(自然免疫の殺し屋、あるいは生まれながらの殺し屋という意味です)を体の外に採りだし、活性を高め細胞数を増やしてから体内に戻す治療です。

ANK治療の特徴

三大療法(外科手術、放射線、化学療法)は、がん細胞だけをたたくのではなく、正常組織も傷つけます。特に、放射線や化学療法は、がん細胞と正常細胞を区別せず増殖している細胞を無差別に攻撃します。

ANK治療の特徴は、「がん細胞だけを攻撃し、正常細胞は攻撃しない」ということです。ANK治療では私たちの体内に存在するNK細胞を増強して用います。NK細胞は発見された時点から、がん細胞を強く傷害する能力を持つことが分かっていました。それまでにもT細胞の一部ががん細胞を傷害することは分かっていましたが、もっと強い免疫細胞が存在すると考えられ、徹底的に探索された結果、どんな種類のがん細胞でも直ちに傷害する免疫細胞がみつかり、NK細胞と名付けられたものです。

一般的な免疫細胞療法とは異なる特徴

免疫細胞療法はどれも血液中の免疫細胞を体の外で培養してから体内に戻す基本の流れは同じです。異なるのは培養によって活性を高めたり数を増やしたりする細胞の種類と、あとは数量です。たとえば樹状細胞を培養するものがあります。樹状細胞は細菌やウイルスをみつける専用センサーを多種大量に備え感染症免疫の指令塔として機能することがわかり、その仕組みを解明した研究者がノーベル賞を受賞しています。そのためがん治療への応用も盛んに研究されるのですが樹状細胞はがん細胞を認識するセンサーをもっていませんので、がんに対する免疫の指令塔としても機能するかどうかはわかりません。

樹状細胞療法以外の一般的な培養手法は20ml前後の採血によって集めたリンパ球を2週間ほど培養しT細胞が数千倍に増殖した状態で点滴するというもので、若干の微熱などを除きほとんど免疫副反応が見られません。

NK細胞も数倍程度は増殖しますので、これをNK細胞療法とか、T細胞系の治療法のような名称等、様々なブランドで呼ばれることがありますが、基本的な培養技術としては同じものです。その点、ANK 療法は原則7000mlの血液からリンパ球を集め、その中のNK細胞を増強させ点滴の度に発熱などの免疫副反応を伴います。

項目 一般的な免疫細胞療法(※1) ANK治療(※2)
採取量 静脈血20mL程度 7000mlを体外循環させて
350倍のリンパ球を採取
細胞数のイメージ T細胞は数十億個レベル
NK細胞は数百万個レベル
12回の点滴分として
NK細胞を100億個を目標に
増殖活性化する
T細胞は増やさない
培養期間 2週間培養 2~4週間培養
免疫反応 なし
(若干の微熱)
あり
(40度近い発熱など)
治療の目的 QOL改善 がん細胞を直接傷害すること
体内の免疫細胞に刺激を加えること

(※1)一般的なリンパ球を用いる免疫細胞療法は静脈血を20ml(30~50mlの場合もあります)程度採血し、リンパ球を分離後、低濃度IL2を含む一般的な培地を用いて2週間程度血液バッグの中に細胞を静置するというものです。加える薬剤や前後処理の違いなど若干のバリエーションはあります。名称は様々に呼ばれていてもANK療法以外のリンパ球系の免疫細胞療法はほぼ一般法を用いるものです。

(※2)ANK治療は培地環境が最適になるように頻繁に培養液を全交換し、所定の細胞数になるまで増殖させるというものです。

ANK治療のがん細胞の攻撃スピードの比較

各々の培養細胞個々の攻撃力、一定時間の間に傷害できるがん細胞の数、つまりがん細胞を攻撃するスピードについて、実験値をグラフ化すると以下のようになります。これは体外での試験によるものであって、体内での治療効果そのものを測定したのではありません。データを提供したリンパ球バンクの社内での比較です。(ANK療法を100としています)

免疫が癌(がん)細胞を攻撃するスピードについての実験値グラフ

(※3)米国で1984年の大規模臨床試験で有効性を証明されたが、現在使用されていない。

このデータは培養後のNK細胞一個あたりのがん細胞を傷害するスピードを表わしています。さらに、患者さんから採取したNK細胞数と培養後のNK細胞数、そして培養後のNK細胞数にそれぞれの細胞が持つ攻撃力をかけたイメージを下にまとめました。

NK細胞療法とANK治療との比較図

よってANK治療では培養細胞を体内に戻す際、他の一般的な免疫細胞療法や樹状細胞療法等ではみられない激しい悪寒と発熱を伴います。ANK治療では、培養細胞を12回に分け、間を空けて点滴で戻すことで、少しずつ体を慣らしていきます。体内の免疫力が回復するにつれて、発熱は穏やかになっていきます。

発熱は、培養されたNK細胞が体内で放出する免疫刺激物質サイトカイン類によるものですが、投与細胞数を半減すると発熱はずっと穏やかになります。

がん細胞を傷害する特殊なT細胞を選択的に大量培養する場合

NK細胞以外で、がん細胞を攻撃する細胞としてキラーT細胞が知られています。両者の中間的な細胞は存在しますが、基本的に、がん細胞を攻撃する能力を持つ細胞は、NK細胞とキラーT細胞、この二種類だけです。

キラーT細胞は、そのままでは殆どがん細胞を攻撃せず、有効性がありません。そこで当院では条件に制限が多いのですが、患者様ご本人の標的がん細胞が適切に入手できた場合は、患者様ご本人のT細胞集団と一緒に培養しながら目の前のがん細胞と同じ特徴をもつものだけを傷害するキラーT細胞を増殖させるCTL療法も提供しています。では、実際にどの程度の攻撃力があるのか、ANK治療と比較してみましょう。(提供:リンパ球バンク)

ANK治療とCTL細胞の比較

CTL療法は、ANK治療よりも様々な制約がありますが、そもそも、細胞一個当りの攻撃力という点においてANK治療よりも劣ります。T細胞を用いるものですので、あくまで補助的な物とお考えください。

ANK治療とは?

ANK治療とは、人間がうまれつき持っている免疫力(がん細胞を攻撃する機能)を強化するという、シンプルな原理に基くものです。本人の細胞を用い、正常な細胞を傷つけることなく癌細胞だけを攻撃するため副作用が少なく、肉体的にも精神的にも負担が軽減されるというメリットがあります。

三大療法(外科手術、放射線、化学療法)とANK治療の違い

がんの治療となると、手術により切除したり、薬や放射線でがん細胞を攻撃するなど「外部からの処置」が主流ですが、ANK治療は「生まれつき持っているがん細胞を攻撃する機能を強化する」という、他の療法とは観点の異なる治療法です。

がんに対する治療法の種類の比較

外科的療法
長所:患部を直接切除できる
短所:痛みを伴い、再発、転移の可能性を残す場合がある。また、末期・重度のがんには適さない。
化学療法
長所:増殖が活発な癌細胞の勢いを抑えることができる
短所:正常な細胞にもダメージを与え、副作用に苦しむケースが多い。投与回数の制限があったり、薬剤耐性の問題がある。
放射線療法
長所:切除が困難な部位でも適応できることがある
短所:正常な細胞にもダメージを与え、副作用に苦しむケースが多い。照射線量に上限があり耐性の問題がある。
ANK治療
長所:副作用が少ない
短所:本格的な臨床での歴史が浅く、未承認療法である。

ANK治療とその他がん治療の比較

ANK治療の弱点と誤解について

痛みや、副作用も少ない「ANK治療」ですが、古くから研究されていたにも関わらず、抗がん剤をやり尽くした後から「最終手段」として単独で扱われるなど、この療法の持つ特徴を活かした理想的な使い方をされる患者様は一部だけでした。しかし、近年、がん治療における免疫の重要性は認識されるようになってきました。欧米ではNK細胞の傷害作用を高めるADCC活性を活用する分子標的薬が第一選択としても使われるようになってきましたが、日本では使用制限が多いのが実情です。また免疫というとT細胞の機能のことをイメージしていたり、NK細胞の特性について十分に基礎的な知識が広まっているとは言えない状況です。

リンパ球採取方法によるANK治療について

当クリニックではANK治療を行う際、培養に必要なリンパ球を取り出す採取方法が以下の2種類あります。

1.リンパ球採取装置を用い血液からリンパ球だけを分離する方法
専用の血液成分分離装置を用いる。所要時間:約120~180分(人により時間は異なる)
2.注射器による全血を用いる方法
注射器を用いる。12回分で、400mlの採血をする。

詳しくはリンパ球採取方法についてをご覧ください。

ANK治療の設備について

「血液成分分離装置」「モニタリング装置」「血球計測装置」を使って培養に必要なリンパ球の採取や、点滴治療を行なっております。患者様にリラックスしてお過ごし頂けるよう個室をご用意し、がん治療に専念して頂けるよう努めております。

詳しい説明は、ANK治療を行うための設備をご覧ください。

ANK治療による治療方法・抗体医薬品とADCC活性について

がん細胞に抗体が結合すると、その抗体がNK細胞といった免疫細胞を呼び寄せ、NK細胞が効率よくがん細胞を殺傷します。あるいは抗体とNK細胞の複合体ががん細胞に結合すると、同様にNK細胞ががん細胞を傷害する効率が高まります。これがADCC活性です。

詳しくはがん治療の抗体医薬品とADCC活性を参照。

ANK治療の面談から治療までの流れ

  • 1.お問合わせ
    電話もしくはメールにてお問合わせください。
  • 2.面談
    石井理事長より本療法について他のANK治療との違い、特徴、化学療法との併用などご説明いたします。問診票をご記入の上、事前予約をお願いいたします。
  • 3.お申込み
    ご納得頂けましたら、本療法をご選択いただき治療を開始いたします。
  • 4.リンパ球採取
    専用の血液成分分離装置を用いて、培養に必要なリンパ球の採取を行います。
  • 5.点滴治療
    培養したリンパ球を点滴により体内に戻します。
  • 6.ANK治療完了

詳細は、ANK治療の面談から治療までの流れをご覧ください。

ANK治療によるがん治療計画のご提案について

ANK治療によるがんの完治を目指した治療戦略をご提案しております。副作用のきわめて少ない再発予防や手術不能進行がんに対して「術後再発予防戦略」「手術不能進行がん治療戦略」「手術不能進行がんを手術可能にして完治する治療戦略」のプランをご紹介しております。

治療戦略の詳細につきましては、がん治療(治療法と計画)をご覧ください。

お問合わせ(ANK治療)

当病院へのお問合わせ、ご質問等はメールフォームをご利用下さい。お急ぎの方は電話でお問合わせ下さい。

お問い合わせ ご相談 ANK治療について

ページ先頭に戻る

TEL:0120-104-793