がん治療とは?(がんの治療方法と治療計画)

医師

進行がんは転移再発の危険性が高く、仮に化学療法剤の連用で腫瘍の縮小効果が見られても耐性が出現すると再び増大します。薬剤を変更するとやがてまた耐性ができるという負の連鎖に陥り、その先には奈落が待ち受けています。ANKはそのやっかいながんを唯一完治させる最先端免疫細胞療法です。

他の免疫細胞療法はQOL(延命)を改善するといいますが、ANKは完治を目指します。

ANK 東京がんセンター
新日本橋石井クリニック
理事長 院長 石井 光

がんの治療方法

がんの治療方法には3大療法と呼ばれる「外科療法(手術)」「化学療法(抗がん剤)」「放射線治療」の3種類があります。

外科療法(手術)

局所療法の1つで、がんの病巣を手術によって切除する方法です。 がん病巣そのものを除去できるので、高い治癒効果が期待できます。 ただし、手術不可能な場所にできたがんの切除やごく小さな転移の場合には治療ができません。 また、臓器を切除することで体の機能の低下や手術侵襲などのデメリットもあります。

化学療法(抗がん剤)

全身療法の1つで、抗がん剤などの化学物質によりがん細胞の増殖を抑えたり死滅させる方法です。 投与された薬は全身をめぐるため、手術では除去できなかったごく小さながん細胞にも効果が期待できます。 手術では切除できなかったがんや術後の再発防止など、他の治療法と組み合わせて使われることも多いです。 抗がん剤は副作用も強く、脱毛や吐き気などの症状や正常な臓器にも影響する為、患者さんにとっては非常につらい治療になりがちです。 また、投薬期間も長期にわたるので治療費も高額になります。

放射線治療

局所療法の1つで、がんの病巣に放射線を照射してがん細胞を破壊する方法です。 手術や抗がん剤治療に比べると体への負担が少ないのが特徴です。 技術の進歩により、がんの大きさや位置を測る精度が向上し、よりピンポイントに照射することができるようになり、高い治癒効果が期待できるようになりました。 部位によっては複数回照射する必要がある為、高額な費用がかかります。 また、放射線治療でも「重粒子線治療」や「陽子線治療」など先進医療と呼ばれるものは公的保険の適用外となる為、治療費は非常に高額となります。

がんの種類

ご相談いただいて治療にあたったがんの種類の一例です。

  • 食道がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 胸腺
  • 肝臓がん
  • 甲状腺
  • 大腸がん
  • 膵臓がん
  • 子宮がん
  • 卵巣がん
  • 前立腺がん
  • 膀胱
  • 尿管
  • 胆のう・胆管
  • 腎臓がん
  • 腹膜
  • 乳がん
  • 咽頭がん
  • 肉腫
  • リンパ腫
  • その他

術後再発予防戦略

1. ANK 単独療法

メリット
  • 副作用が一切ないため通院治療が可能
  • ANK投与後の発熱は副作用ではない、副反応で必ず出ます。
デメリット
  • 進行がんでは1クールで完治しないため高額の費用負担が必要になる
  • 基礎体力がないと発熱に耐えられない
  • 半量投与では治療効果が十分期待できない

2. ANK と分子標的薬・抗体医薬品の併用

メリット
  • ハーセプチンやアービタックス等抗体医薬品のADCC活性増強で2倍のANK効果が期待できるため治療費用の削減と完治の可能性が高まる
デメリット
  • 誰にでも使えるものではない(判定が必要)
  • 薬剤費がかかる
  • 副作用が強い薬剤もある(アービタックス、リツキサン、イレッサ等)

手術不能進行がん治療戦略

1. ANK 単独療法

メリット
  • 副作用が一切ないため通院治療が可能
デメリット
  • 複数クール必要になるため費用負担が高額になる

2. ANK と抗体医薬品の併用

メリット
  • 抗体医薬品のADCC活性増強で2倍のANK効果が期待できるため治療費用の節減と完治の可能性が高まる
デメリット
  • 誰にでも使えるものではない
  • 副作用が強い薬剤もある(アービタックス、リツキサン、イレッサ等)

3. 化学療法剤とANKの併用

メリット
  • 化学療法でがんの縮小を図り、ANKで止めを刺すことで費用の節減効果が期待できる
デメリット
  • 化学療法の副作用の可能性
  • 耐性が生じる可能性がある
  • 入院治療が必要になることがある

手術不能進行がんを手術可能にして完治する治療戦略

Aプラン… 根治的手術が可能の場合

  1. ANK単独または抗体医薬品併用で腫瘍の縮小を図る
  2. 転移巣の縮小を図り根治的手術する
  3. さらにANK単独または抗体医薬品併用で止めを刺す

Bプラン… 非根治的手術から根治的手術が可能の場合

  1. 化学療法で腫瘍の縮小を図る
  2. ANK単独または抗体医薬品併用でさらに腫瘍の縮小を図る
  3. その上で非根治的手術する
  4. 化学療法でさらに腫瘍縮小を図る
  5. さらにANK単独または抗体医薬品併用で縮小を図る
  6. 根治的手術する
  7. さらにANK単独または抗体医薬品併用で完治させる

がん治療の流れ

  1. まずはお問合わせください

    電話・メールでお問合わせ

    ANK免疫細胞療法に興味を持ったら電話もしくはメールにてお問合わせください。ANK療法担当者が応対致します。

    ANK療法についてのご説明と現在かかっている病名、治療経過などをお伺いします。

    疑問に思っていること、不安に思うことがあればなんでもお聞きください。

    ANK免疫細胞療法のお問合わせ・ご相談はこちら

  2. 面談

    院長との面談

    石井院長より本療法について他の免疫細胞療法との違い、特徴、化学療法との併用などご説明いたします。

    面談には事前予約が必要となります。
    まずはご予約ください。

    また、面談をスムーズに行なうため事前に問診票のご用意をお願いしております。必要事項をご記入のうえご持参ください。

    PDF問診票はこちら

    こちらの「問診票」をご記入頂き、ご面談に備えて事前に後記FAX番号まで、FAX(可能であれば)をお願い致します。
    又、面談日当日にもご持参下さいます様、宜しくお願い致します。
    FAX: 03-3662-4290

    PDF面談時にご準備頂くもの

    PDF新日本橋石井クリニックへのアクセス

  3. お申し込み

    申込み

    ご説明に十分ご納得頂けましたら本療法をご選択ください。
    お申し込みの際リンパ球採取の日程調整を行います。
    ANK療法は、すべて保険外治療となります。

  4. リンパ球採取

    血液成分分離装置

    培養に必要なリンパ球の採取を行います。

    専用の血液成分分離装置を用い、リンパ球を採取していきます。個人差はありますが、採取に3時間を目安にしてください。培養期間は3週間です。

  5. 点滴治療および治療間隔

    点滴治療

    培養によって増強・増殖したリンパ球を点滴により体内に戻します。標準治療期間は12回の治療で6週間です。治療間隔は週2回が目安ですが、患者さんの状況で異なります。

    詳しくは医師とご相談ください。

    点滴治療は、新日本橋石井クリニックの他提携医療機関、または点滴協力機関で行うことができます。当クリニックは東京都中央区に御座いますので、遠方の方で点滴治療に通えない場合などありましたら事前にご相談ください

    化学療法・放射線療法の治療及び分子標的薬とANK療法の併用につきましては医師とご相談下さい。

  6. 治療完了

過去2年間に発見したがんの一例

過去2年間(平成21年4月~平成23年4月)に発見したがんの種類と治療事例の一部をご紹介します。
上部内視鏡全体(3982件)における胃がんの発見率は0.5%
検診での胃がんの発見率はおよそ1000人に1人で0.1%

※赤字の患者様は腸上皮化生から、腺腫または癌が発生した症例

初診時所見

診断時所見

治療

60歳男性
進行胃癌
H21.8.25
BorⅣ初診時発見
H21.8.25
BorⅣ
6ヵ月後死亡
55歳男性
進行胃癌
H21.11.2
未分化型腺癌
(StageⅣ)
初診時発見
H21.11.2
未分化型腺癌
(StageⅣ)
ANK投与後
H22.3.17胃切除
H23.4.7 死亡
55歳男性
早期食道癌
H22.6.24
高分化型腺癌
初診時発見
高分化型腺癌 ESD (粘膜下切除)
62歳男性
早期胃癌
H22.6.24
高分化型腺癌
初診時発見
H22.6.24
高分化型腺癌
ESD(粘膜下切除)
64歳男性
早期胃癌
H18.8.26
腸上皮化生
H22.1.15
中高分化型腺癌治療後発見
胃切除(開腹)

他の症例は「過去2年間に発見したがん」をご覧ください。

掲載記事紹介

石井院長は大病院に負けない、がん治療を目指しています。診断力にも定評がある胃カメラの検査、新しい治療法や先端医療をご提供!新聞に掲載された記事を紹介しています。

ANK免疫細胞療法のご相談はこちら

ページ先頭に戻る

TEL:0120-104-793人間ドックのご相談・お申込みはこちら