あなたが選ぶ免疫療法 がんと免疫 リンパ球細胞とNK細胞 免疫療法の種類と比較 自己リンパ球療法
HOME > あなたが選ぶ免疫療法 > 自己リンパ球療法 > ANK自己リンパ球免疫療法とは : 特徴

ANK自己リンパ球免疫療法の特徴

副作用が少ない
 抗がん剤治療は、がん細胞を攻撃しますが、同時に正常な細胞をも攻撃してしまい、そのために貧血や胃腸障害などの激しい副作用が継続的に発生します。
 ANK自己リンパ球免疫療法(以下ANK療法)は、患者さんの身体から採取したNK細胞を増殖活性化し、再び体内に戻すことで、人間に元来備わっている自然治癒力を高める治療法ですので副作用の心配がありません。また副作用のある他の療法と併用することで、身体的負担を減らすこともできます。 ANK療法実施後、高熱を伴う副作用については一時的で、NK細胞が活性化している証拠と言えます。

術後の再発防止に有効
 ANK療法は、手術後の再発防止にも大変有効です。
 手術をすると血液やリンパ球を通して、体中にがん細胞がばらまかれる危険性があります。そこで、身体全体にNK細胞がパトロールをすることで、次にどこに突然転移再発するかわからないがんの発症を未然に防ぐことができます。

他の療法との併用例―抗がん剤との併用―
 以下の図は、図1が抗がん剤単独投与、図2がANK療法と交互に実施した場合のがん細胞と免疫力の力関係を表したものです。

(1)がん剤を単独投与すると、がん細胞と一緒に生体内の免疫系もダメージを受けます。

抗癌剤のみ使用時のグラフ
図1

 抗がん剤に薬剤耐性がつくと、その時点で抗がん剤は効かなくなります。
 薬剤耐性を持ったがん細胞は増殖スピードが早くなり、ある時点において抗がん剤を使用しない場合と変わらなくなってしまいます。

 体内の免疫細胞は抗がん剤によりダメージを受け、回復スピードはがん細胞より遅くなる場合があります。がん細胞を抑えるものがなくなり、がんが増殖してしまうのはこのためです。

(2)次にANK療法実施することで、体の中の免疫細胞が回復し、がん細胞と戦える状況に回復します。

(3)抗がん剤を用いても、ANK療法を併用することによって抗がん剤の一番の副作用である体の免疫機能の低下を防ぐ可能性があります。

抗癌剤+ANK併用時のグラフ
図2

注:抗がん剤で免疫細胞がダメージを受ける前に、リンパ球を体外で活性化し保存しておくことが、がん治療には非常に重要です。

リンパ球培養写真

正常に増殖しているもの
リンパ球細胞が活性化されています。
抗がん剤や放射線治療後
リンパ球細胞がぐったりしています。
このページの先頭に戻る

自己リンパ球療法

TEL:0120-104-793