あなたが選ぶ免疫療法 がんと免疫 リンパ球細胞とNK細胞 免疫療法の種類と比較 自己リンパ球療法
HOME > あなたが選ぶ免疫療法 > がんと免疫 > それでもがんになるのは

それでもがんになるのは

 がん細胞は体内の細胞が突然変異を起こした細胞のことで、この体内から発生したがん細胞はもともと自分の細胞が馬鹿になってがん化したものです。

 外から浸入した細菌やウイルスは異物としてとらえるので抗体(武器のようなもの)を作り易いのですが、がんは異物としてとらえにくいだけでなく抗原を隠して抗体を作りにくくして免疫監視機構をすり抜ける悪知恵があるからです。

このページの先頭に戻る

TEL:0120-104-793