内視鏡の完全消毒と院内感染予防

健康な方が胃・大腸検査を受けた後でなんらかの病気が発生してしまったというような、内視鏡によるウイルスや細菌の感染が問題となっています。検査後の内視鏡機器の洗浄・消毒が不適切だった場合、こうした二次感染が起こる可能性があります。

新日本橋石井クリニックでは、患者様に安心して検査を受けて頂くことを第一に考え、無痛胃・大腸内視鏡専門クリニックとして消毒には次のように万全を期しています。

  • なるべく事前に感染症のチェックを採血で行なう。
    項目: 梅毒、C型ウイルス、B型ウイルス
  • 以前感染症のチェックを受けている方でも、1年経っていたら再検査を受けていただく。
  • 内視鏡検査終了毎に自動洗浄機によりすべてのウイルス、細菌を完全除菌します。

内視鏡の完全消毒の方法

内視鏡の消毒には器械洗浄と手洗い洗浄があります。いずれの方法でも、洗浄に用いる薬剤が重要です。

当クリニックでは、酵素洗剤とウイルス除菌剤の2種類を洗浄に用います。まず、蛋白分解酵素洗浄で血液や体液などがこびりついている内視鏡の鉗子口の内部や、スコープの外側を充分にきれいにします。
その後、自動洗浄機により完全除菌します。

無痛内視鏡健診のご相談はこちら

ページ先頭に戻る

TEL:0120-104-793人間ドックのご相談・お申込みはこちら