現在の内視鏡

病気が襲うすべての体内へ、急速に広がる内視鏡医療。

胃カメラから始まり、観察・診断から処置・治療機器へとその役割を拡げ、いまでは内視鏡医療という新しい分野にまで発展してきた内視鏡。現代では対応領域も大きく拡大し、消化器系、呼吸器系、泌尿器系、産婦人科系にも活かされ、最近では脳内にまで及んでいます。

現代の内視鏡

スコープの挿入部

ビデオスコープは、カラービデオモニター、コンピューター、光源装置からなるビデオシステム本体と、固体撮影素子CCDを用いた先端部と、操作部、挿入部、接続部と成り立っています。医師は、操作部を持ちカラーモニターを見ながら、もう片方の手で挿入部を奥へ入れていきます。臓器の曲がっているところは、管に内蔵されているワイヤーでモニターを確認しながら軟性のチューブを曲げ、臓器内部に先端部を挿入していきます。

臓器に合わせて内視鏡を使い分ける

先端部の内視鏡には、管の先のほうに視野が広がる直視型や、管の横に窓がついていて横方向に視野が広がる側視型があり、挿入する臓器や目的に合わせて使い分けます

また、CCDで送られてきた画像は、電気的に画像を処理する事ができます。たとえば、肉眼ではわかりにくい粘膜の濃淡の差も、画像のコントラストを強めることで患部の様子を鮮明に確認できるようになり、今までできなかった病気の予測などの分野で新たな可能性が期待できるようになりました。

今では機能的にも格段の進歩を遂げ、先端にはCCDに光を送る対物レンズ、送気・送水孔、いろいろな処置をする器具を出し入れする潤し鉗子孔などがあります。たとえば、消火器などは食物が入ってないときは萎(しぼ)んでぺしゃんこなので、先端の送気孔から空気を入れて臓器を膨らませます。また内部の粘膜や血液で内視鏡先端のレンズが汚れて見えにくくなる事があるので、レンズに向って付いている送水パイプを使って、レンズの部分をきれいにする事ができます。

吸入パイプは、余分な空気を吸入して、臓器内部の空気の量を調節したり、粘液や血液などを体外へ吸い出したりします。

これらさまざまな機能が、直径わずか10ミリ前後の内視鏡に装備されているのです。

また近年では、先端から超音波を発信して患部を検査できる「超音波内視鏡」も開発されています

内視鏡でこんな治療ができる

今日では、内視鏡は検査だけではなく治療にも大きな役割を果たしています。

  • 食道や胃に誤って飲み込まれた異物を除去する。
  • 高周波電流を通して出血を止めたり、ポリープなどを切除する(粘膜切除(EMR)など)
  • 内視鏡の先端からレーザーを発射して治療する(腫瘍焼灼法や光線力学的治療法など)
  • 内視鏡の先端に小さな器具を装着して直接治療する(内視鏡的結刹紮術など)
  • 薬剤の注入や散布をする(内視鏡的硬化療法など)

このように外から体を切開しないで臓器の中から行われる療法は、今までの治療と大きく異なる多くのメリットを持っており、今後の新たな治療法の開発も期待されています。

あらゆる診断・治療に対応した内視鏡的処置

多彩な処置具が、さまざまな手技を可能にしています。

内視鏡的処置例

内視鏡的粘膜切除術(EMR)

従来はたとえ早期の胃がんでも、隆起型の患部だけしか適応できなかった内視鏡的処置。最近では、EMRの開発により平坦型の患部でも治療できるようになりました。これは2チャンネルのスコープを使用して、把持鉗子と高周波スネアを一緒に操作して治療する処置法で、病変部に生理食塩水を注入して思部を隆起させ、図のように切除・治療することを実現したものです。今後、早期ガンの根治療法になることが期待されている手技です。

胆管結石砕石術

胆管結石の治療に威力を発揮する砕石術。内視鏡の先端部からスライド式砕石具を胆管に挿入し、先端のバスケットを広げて結石を把持し、結石を締めつけて破砕する手技です。近年では、この処置具に改良が加えられ挿管性、結石の把持性、砕石性も一段と向上、結石は内視鏡的処置でほぼ治せるようになっています。

病院ごとの環境に合わせて総合的に発想

内視鏡室

医師の眼で、患者さんの気持ちで内視鏡室は設計されています。

近年、内視鏡医療の普及に伴い、病院内での内視鏡室の重要性はますます高まっています。内視鏡メーカーならではの発想と、長く医療関係に携わってきた経験を活かして、総合的な視点から、医師・看護婦にとって働きやすく、患者さんにも安心して検査を受けていただける、病院の環境に合わせた理想の内視鏡室を追求しています。

無痛内視鏡健診のご相談はこちら

ページ先頭に戻る

TEL:0120-104-793人間ドックのご相談・お申込みはこちら