石井光 院長のご挨拶


院長医学博士石井光

当クリニックは1996年開業以来20年が経過しました。
私の生涯内視鏡件数は5万件超となりました。多数の食道・胃・大腸の早期がんを発見しました。

その患者さんたちは全員生還しています。その後も内視鏡で定期的にフォローしています。
がんは早期発見すれば決して怖い病気ではありません。

しかし、一旦進行がんで発見されるとその治療は平たんではありません。我が国のがん統計で、二人に一人ががんになり三人に一人が死亡している事実から見れば、日本のがん治療が成功しているとは思えません。厚生労働省も2012年4月がんの終末医療拠点を全国に設置すると発表しましたが、これはがんは治らないというメッセージでもあります。

2004年2月ANKがん免疫細胞療法(以下ANKと省略)を導入しました。
提携した当初数年は末期がん患者さんばかり来院されていましたが、近年特に2012年になって、元気な患者さんが来院するようになりました。元気でも手術不能と診断されて途方に暮れ、他の治療法がないかと調べつくしたうえでこれしかないとANKを受けに来るのです。理由を尋ねると他の免疫細胞療法はQOLの改善すなわち延命を主眼としているのにANKはがんの完治を目指すからというのです。

ANKは、体内の免疫細胞のなかで唯一がんを殺すことができるNK細胞だけを増殖活性化して戻す治療です。他の免疫細胞療法はT細胞とか樹状細胞を増殖活性化するので同じ免疫細胞療法でも似て非なるものです。ANKは一回に大量のNK細胞(5億から10億の間)を投与するので必ず発熱します。基礎体力がないとANK治療が継続できません。だからANKを受ける元気な患者が増えることは完治を目指す意味で重要なのです。

化学療法剤は、最近殺細胞剤と呼ばれるようになりました。それは分子標的薬の出現からです。分子標的薬は化学療法剤の反省から生まれたまったく新しいコンセプトの抗がん剤です。分子標的薬はがんの増殖を止めるだけで殺すことはしません。誰ががんを殺すのか?それはNK細胞です。欧米ではがん治療に用いられるのはほとんどが分子標的薬で化学療法剤の使用は2割くらいです。新規に開発される抗がん剤はすべて分子標的薬です。

欧米のがん治療が分子標的薬全盛ということは、21世紀のがん治療の主役はNK細胞だということにほかなりません。
我が国ではいまだに化学療法剤全盛です。しかも標準治療では分子標的薬と殺細胞剤が併用されています。これは殺細胞剤がNK細胞を殺して、分子標的薬がNK細胞のADCC活性を増強するという極めて矛盾した治療法といえなくもありません。そういう現状とがんの死亡率が改善しないことと無関係ではなさそうです。

私は、この素晴らしい日本発世界唯一のANKをすべてのがん患者さんに少しでも早く知ってもらうためHPを全面リニューアルする決意をしました。
名称もANK東京がんセンターと世界に通用する名称にしました。

治療に困ったがん患者さんは世界中にいます。ANKを世界中のがん患者さんに知ってもらうためにも名称変更して、私の医師としての残りの人生をANKに賭けます。

院長医学博士 石井光

石井光 プロフィール

  • 昭和47年 日本医科大学卒業、東京女子医科大学外科入局
  • 昭和49年 埼玉医科大学消化器内科助手
  • 昭和52年 城西歯科大学非常勤務講師(内科)
  • 昭和52年 医療法人社団 積仁会 旭ヶ丘病院副院長
  • 昭和58年 学位取得(Idenitification of Insulin in the Human Pancreatic Juice)
  • 昭和62年 米国マウントサイナイ病院客員研究員
  • 平成5年 医療法人社団 昭愛会 水野病院内科部長
  • 平成8年 医療法人社団 光人会 新日本橋石井クリニック 開設
  • 日本消化管学会 功労会員
  • 日本消化管学会胃腸科認定医
  • 日本医師会認定産業医

主たる研究

  • 「胃腸の早期ガンの発見と予防」
  • 「ANKがん免疫細胞療法」
  • 「コラーゲンによる萎縮性胃炎の治療・骨密度上昇・軟骨再生・血管老化抑制と予防・豊胸・アンチエイジング(若返り)」

著書

  • 2009年6月「若がえり13の法則」(万葉舎)
  • 2011年12月「改訂版 若返り13の法則」(万葉舎)
  • 2013年3月「血管が若返ると健康寿命が伸びる」(幻冬舎)
  • 2013年9月「がんと診断されたらANK免疫細胞療法」(幻冬舎)
  • 2014年10月「医者の嘘 あなたの健康寿命が延びる、国民医療費を減らす42の提言」(幻冬舎)

ページ先頭に戻る

TEL:0120-104-793人間ドックのご相談・お申込みはこちら