院長ブログ

サプリメントの機能性表示

平成27年4月から国がサプリメントの機能性表示をスタートします。機能性表示とは、米国で2007年にFDA(米国厚生省)が開始した制度で、科学的根拠があるサプリメントは機能を表示することで消費者に品質を訴求することができま ...

ブログ再開のお知らせ

こんにちわ 本日よりブログ再開します。 書きたいことは山ほどありますが、多忙にかまけてさぼっていました。 最近検索順位が上がってきたので、読んでくれる方も今まで以上に増えると思い再開を決心しました。

コラーゲン欧州特許許可

2011年8月22日付けで欧州特許庁から、コラーゲンの特許が許可されました。予備審査から本審査となり許可されたものです。本審査では若干の手直しがあり、タイトルは「血管老化抑制および抗老化剤」から「アテローム性粥状動脈硬化 ...

予備審査

久し振りに書き込みます。 2010年7月28日ヨーロッパ特許庁より魚皮から抽出した低分子コラーゲンによる血管老化抑制剤及び抗老化剤として新規性、進歩性、社会的有用性において認めるとの回答がありました。 国際特許は、まずヨ ...

血管老化抑制特許出願 その3

次々と血管や血圧に関する新薬が開発されて発売されます。しかし、統計によるとそれらの新薬が生み出す発病予防効果は期待するほどではないことが分かっています。新薬の薬価が高いので結果的に医療経済的には効率が良くないことが証明さ ...

血管老化抑制特許出願 その2

血管内部のコラーゲンが老化すると老化コラーゲンとなり、繊維化します。繊維化したコラーゲンは疲弊した内膜を突き破り内腹腔に突出します。突出したコラーゲンに血液中の余分なコレステロールや血小板が内壁にまきついてプラーク(繊維 ...

血管老化抑制特許出願 その1

5月20日付けで特許出願しました。コラーゲンによる血管老化抑制及び老化防止抑制特許です。 私のクリニックでは高解像度(100分の1mm)超音波装置(LOGIQ7 PRO GE)を用いて頚動脈エコーをおこなっています。頚動 ...

コラーゲンの衝撃的な真実 その3

ヒト胎盤(プラセンタ)は、目に見えない大きさの受精卵から 10ヶ月で3000gの赤ちゃんに育てるため、 成長促進因子や再生因子が多量に含まれています。 このヒト胎盤(プラセンタ)を製剤化して大人に投与すると アンチエイジ ...

コラーゲンの衝撃的な真実 その2

コラーゲンは分子量が大きいので肌の表面で保湿効果は示しても、 皮膚の中に吸収されることはありません。 コラーゲンは口から摂取し、体内で消化酵素により分解され アミノ酸数個のペプチドになってはじめて、腸管で吸収されるように ...

コラーゲンの衝撃的な真実 その1

今、コラーゲンは大変なブームになっています。 コラーゲンを入れただけで、何でも売り上げが増えるという現象があります。 皆さんはコラーゲン入りのもの全てが、美容と健康にいいとお考えでしょうか? つまり、どんなコラーゲンでも ...

コラーゲンのバストアップ効果

骨密度上昇のエビデンスを持つレシピで発売したドクターウエルネスですが、 多彩なエビデンスが次から次へと見つかりました。 関節の痛みが消失する、美肌効果、育毛効果、血管再生。 中でも思いもかけないバストアップという効果が見 ...

骨密度の上昇や育毛効果も実感したコラーゲンの研究

私は自分のクリニックにある、治験用の世界標準型 骨密度測定装置 (通常診療所では簡易型であり、手先や足先を測定する。椎体を測定する 世界標準型は置いてない)を用いてコラーゲンの研究を開始しました。 骨密度測定に関しては、 ...

コラーゲンについての研究を始めたキッカケ

私がガン予防的治療に専心すると決めた1年ほど前のある日、 一人の友人がコラーゲンを持って、私のところにやってきました。 当初私は、コラーゲンは美容にいい、という程度の認識しかなく、 特に興味もありませんでした。 ただ、彼 ...

何故私がガン予防的治療をはじめたのか

なぜ数年前からガンの予防的治療をはじめることになったか、 その経緯について触れたいと思います。 私の患者で、開業以来生活習慣病のため通院している患者の方がいます。 ある日、大腸内視鏡を受けていただくと、 大腸の横行結腸に ...

胃がんは必然的に発生。だから予防できる

前回胃ガンは慢性胃炎が原因であり、 高齢者を中心に慢性萎縮性胃炎がおこると述べました。 慢性萎縮性胃炎が進行すると、 腸上皮化生という現象が起こります。 これは胃の粘膜が腸になるというものですが、 何故起こるのでしょうか ...

どうして胃ガンになるのか?

胃潰瘍から胃ガンになると信じている方が多いようですが、 そうではありません。 胃ガンはポリープから発生するとか、 ピロリ菌を除菌すれば胃ガンにならないと考えている方も多いようですが、 それらはすべて誤りです。 胃のポリー ...

睡眠(無痛)内視鏡とレントゲンと鼻腔内視鏡 その3

睡眠(無痛)内視鏡とは、 薬剤を静脈内に投与して意識レベルを低下させ(眠らせ)、 本人の気が付かないうちにおこなう方法です。 この方法は内視鏡手術に採用されています。 欧米では局部麻酔だけで 内視鏡をおこなうことはありま ...

睡眠(無痛)内視鏡とレントゲンと鼻腔内視鏡 その2

最近、鼻腔内視鏡が流行っています。 内視鏡の最中に医師と患者が会話できる、 オエッとならない、 快適に内視鏡を受けられる、というのが売り文句です。 私はいくつかの理由で鼻腔内視鏡に反対です。 まず、鼻腔内視鏡は 狭い中鼻 ...

睡眠(無痛)内視鏡とレントゲンと鼻腔内視鏡

■    睡眠(無痛)内視鏡とレントゲンと鼻腔内視鏡 その1 (または、睡眠(無痛)内視鏡とレントゲン) 皆さんの中には 内視鏡は怖い、辛い、痛い、という三重苦を 思い出して敬遠する人が多いでしょう。 それではレントゲン ...

高品質の医療とは

■ 高品質の医療とは 高品質でも、高額であれば 万人に受け入れられることはないでしょう。 国民は医療費が高いと文句をいいます。 しかし、日本の医療費は世界的に見ると とても安いのです。 GDP比でいうと OECD(経済協 ...

本日からブログを公開します

日本橋で 新日本橋石井クリニックを開業している医師です。 医師になって35年、 平成8年3月にクリニックを開業してから 現在で11年経過します。 どうしてブログを公開しようと思い立ったか、 そこから書きます。 この11年 ...

ページ先頭に戻る

TEL:0120-104-793人間ドックのご相談・お申込みはこちら