抗体医薬品によるADCC活性とNK細胞について

抗体医薬品によってADCC(抗体依存性細胞傷害)細胞活性を高め、NK細胞のがん殺傷力を倍増させます。ここではハ―セプチンを例にとって説明しますが、抗体医薬には他にもアービタックス、アバスチンなどがあります。

協和発酵キリンが来年上市するポテリジェント抗体医薬品(100倍)は、ADCC活性を高めることが動物実験で分かっています。ポテリジェント抗体医薬品とANK細胞療法の併用によりガン治療の歴史が塗り替わることでしょう。

ADCC活性とは?

ADCC(Antibody-dependent cellular cytotoxicity)活性は人間が持っている免疫機能のひとつで、NK細胞や単球などの白血球が、抗体を介してがん細胞などの標的細胞を殺傷する活性のことです。

がん細胞に抗体が結合すると、その抗体がNK細胞といった免疫細胞を呼び寄せ、その抗体が結合しているがん細胞を殺傷します。抗体と NK細胞の複合体ががん細胞に結合すると、細胞を傷害する物質を免疫細胞から放出して殺傷します。これがADCC活性です。

ADCC活性の図解

抗体は免疫系の中で重要な役割を果たしており、また、リンパ球には抗体を利用する機構が存在しています。特にNK細胞は、抗体のFc部分により結合しやすくなりADCC活性が誘導されます。下記の表にもあるように、ADCC活性が得られるのはリンパ球細胞の中でもNK細胞だけです。T細胞にはありません。ADCC活性を誘導できれば、より効率よくNK細胞ががんを殺傷していくことができます

このグラフは、一定の数の標的がん細胞と、免疫細胞を一緒に培養し、一定時間内に傷害されたがん細胞の比率を表しています。つまり、がん細胞を傷害する効率を示すものです。(標的細胞には、MHCクラスIを持つがん細胞を選びます。MHCクラスIを持たないがん細胞を標的とすると、最初からANK以外は反応できないため)

がん殺傷能力の比較

(※1)T-LAKというのが、最も普及しているキラーT細胞を教育せずに増殖させたものです。

(※2)CTL はキラーT細胞を教育して増殖したものですが、がん細胞を殺す力はANK細胞療法よりはるかに弱いものです。しかも、がん細胞はしばしば姿を変える事がありますがCTLは姿を変えると認識できない為、教育されたがん細胞以外攻撃できないという弱点を持っています。

(※3)ANK細胞療法は他を圧倒する攻撃力を示しています。

(※4)また、ANK細胞療法と抗体医薬品ハーセプチンを併用すると、更に攻撃力が増します。(ただし、血中HER-2抗原陽性の場合に限ります。)

(※5)ハーセプチンは単独でがんを攻撃することはありません。

(※6)NK細胞療法と言われている活性化NK療法、活性化自己リンパ球療法は細胞増殖率がANK細胞療法より低く、細胞個々の攻撃力は弱くなる。

このようにANK細胞療法とADCC活性を併用すれば、がん細胞の高い殺傷効果が得られます。

ANK免疫細胞療法のご相談はこちら

ページ先頭に戻る

TEL:0120-104-793人間ドックのご相談・お申込みはこちら