骨密度の上昇や育毛効果も実感したコラーゲンの研究

私は自分のクリニックにある、治験用の世界標準型 骨密度測定装置
(通常診療所では簡易型であり、手先や足先を測定する。椎体を測定する
世界標準型は置いてない)を用いてコラーゲンの研究を開始しました。

骨密度測定に関しては、我国の骨密度測定の権威である
埼玉医科大学内分泌科教授に椎体測定時の指導を仰ぎました。

研究では、コラーゲン2.5gのⅠ群、5gのⅡ群、
そしてコラーゲン2.5g+カルシウム、リン、ビタミンD3群を配合したⅢ群の計3群を
それぞれ10名ずつに6ヶ月間飲んでいただき、
その間、1ヵ月後、3ヵ月後、6ヵ月後と3回骨密度を測定しました。

その結果、コラーゲン2.5g+カルシウム等ミネラルを配合したⅢ群で
6ヶ月後に3.24%骨密度が上昇することが分かりました。
デキサ法では3%以上の上昇がないと有意とはいえないのですが、
残念ながら他の群は3%未満でした。

この上昇率は骨粗鬆症薬と比較しても遜色ない値です。

研究中に何度も打ち合わせしている中で
原料メーカーである焼津水産化学工業の研究開発部長から
コラーゲンに育毛効果があるらしいということを、耳に挟んでいました。

そのことを思い出し、以前ご紹介した全身の体毛が抜けてしまった患者の方に
「コラーゲンを飲んでみませんか?」と尋ねたのです。

患者は「育毛剤で1本も生えないので何でも試してみたい、
是非とも飲みたい」というので、早速飲んでもらいました。

1日5g飲んでもらいました。
カルシウムとリンも併せて飲んでもらいました。

飲み始めてから3ヵ月後、頭から発毛したのは驚きました。
そしてなんと10ヵ月後には、元の髪に戻ったのです。

私は「このコラーゲンは本物である」と確信しました。

2007年9月に投稿した新日本橋石井クリニックの記事一覧

ページ先頭に戻る

TEL:0120-104-793人間ドックのご相談・お申込みはこちら